一般財団法人移行のご挨拶
 新しい公益法人制度への移行を目指してきた北海道農業企業化研究所は、この7月1日を期して「一般財団法人(非営利型)」の認可を受け、新たなスタートを切ることになりました。
 平成15年12月の財団設立以来、農業経営の視点で北海道農業発展の一翼を担う役割を果たすため、今日までさまざまな模索を続けながら農業法人や生産者等を対象として、農業に係る政策や制度についての各種情報提供や具体的な支援を行ってきました。また地域にあって先駆的、独創的な農業経営を展開する方々を顕彰する「HAL農業賞」の創設、農業者の抱える課題に対応するための総合的相談窓口の設置・運営、さらには農産物生産に関する統一的な認証制度の創設と認証農産物の流通などの実践的な活動に取り組んできました。
 これまで、財団の主たる事務所の移転や組織体制の整備など移行に向けた準備を進めてきましたが、多くの皆さんのお力添えをいただき、このたび「一般財団法人」として正式認可されましたことは、設立以来の経過を踏まえますと大変感慨深いものがあります。
 これを機に、改めて北海道農業の多様な発展のために、心機一転努力を重ねていきたいと職員ともども思いを新たにしておりますので、今後とも変わらぬご支援、ご協力をお願いいたします。
一般財団法人 北海道農業企業化研究所
理事長 磯田憲一
ページを閉じる