広報

財団からのお知らせ

第1回「HAL農業賞」表彰式・祝賀パーティー
2005年9月17日 於:ホテルニューオータニ札幌
第1回HAL農業賞表彰式を9月17日(土)に札幌市のホテルニューオータニ札幌で開催いたしました。
この賞は、地域農業を支え、農業生産の技術や加工、流通開発などに取り組む法人や個人、団体に贈られるもので、今年度創設した表彰事業です。
今年は44件の応募があり、外部委員などを交えた選考の結果、谷口農場のほか、6団体が優秀賞などに選ばれました。


大賞に選ばれた(有)谷口農場(旭川市)の谷口威裕さん


設立者 神内良一 挨拶


理事長 磯田憲一 挨拶

表彰式には竹中内閣府特命担当大臣にもお越しいただき、これからの農業ビジネスなどについて講演を頂きました。

農業の企業化の重要性について
語る竹中大臣

HAL農業賞 神内大賞
神内大賞を受賞された
有限会社谷口農場 谷口威裕代表
大賞に選ばれた旭川市の谷口農場(谷口威裕代表)は地域と消費者の交流を積極的に行い、新規就農者や若手経営者の育成に力を入れている点などが評価されました。

優秀賞 経営部門
優秀賞 経営部門を受賞された
ノースプレインファーム株式会社
大黒 宏取締役社長
ノースプレインファームは、一酪農家として乳業処理免許の規制緩和にいち早く対応し、全国へ販路を拡大させました。
また、ファームレストランの草分け的存在であり、畜肉加工、菓子製造など様々な周辺ビジネスを展開しており、酪農・畜産分野の先駆的企業としてモデルとなりうる経営を行っています。

優秀賞 経営部門
優秀賞 経営部門を受賞された
農業組合法人 西上経営組合
上原 明彦組合長理事
西上経営組合は、農産物の生産に軸足を置き、そばを中心とした高収量・高収益を基本に農業経営を実践しており、不利な立地条件でありながらもそば体験工房などが話題を呼び、レストラン、観光農園など安定した事業展開をしています。
また、後継者や新規就農希望者の育成など地域社会への貢献も大きく、集団営農企業として優れたモデルとなっている点が評価されました。
▲ページ上部へ
Copyright (C) 2005 Hokkaido Agricultural Laboratory for Business Development