広報

HAL認証農産物とは

HAL認証農産物とは
『HAL認証農産物』とは、「安全で安心な」農産物の生産を基本理念とし、消費者から厚い信頼と支持を継続的に得られるよう『HAL認証農産物』認証基準に基づいて栽培された北海道産の農産物に対して、HAL財団が認証するものです。

HAL認証農産物の認証基準は以下のようになっています。

1.農薬・施肥基準
減農薬・減化学合成窒素施肥のための基準と実践目標を定め、栽培履歴、現地調査などで確認しています。

★HAL認証ゴールド農産物
 (特別栽培農産物)
・節減対象農薬の使用回数が50%以下であること
・化学肥料の窒素成分量が50%以下あること
★節減対象農薬の使用状況(2018年度)
★HAL認証シルバー農産物
・節減対象農薬の使用回数が30%以下であること
・化学肥料の窒素成分量が50%以下あること
★HAL認証グリーン農産物 ・上記以下〜北海道慣行基準内での栽培

2.環境保全基準
環境保全のための技術・作業基準と実践目標を定め、現地調査などで確認しています。

3.消費者交流基準
生産者と消費者の食料、農業、農村に対する「思い」と「願い」を共有するための実践目標。「HAL認証農産物」が、どのような生産・出荷基準に従って作られているか、理解を深めてもらうため消費者や流通小売事業者などに対し、説明会や産地視察会などを実施しています。

< HAL認証農産物 生産から出荷の流れ >

画像をクリックすると、拡大された画像を見ることができます

本件お問い合わせ先
流通開発部 HAL流通研究センター
0123−35−3131
▲ページ上部へ
Copyright (C) 2005 Hokkaido Agricultural Laboratory for Business Development