広報

北海道農業・元気プロジェクト

 一般財団法人北海道農業企業化研究所(HAL財団)は北海道農業法人会議とともに、北海道農業の閉塞感を打破し、農業者の元気と自身を取り戻すことを目的として実践的な研究活動を行っています。この取り組みの柱となるのは、既存の農業の枠組みの中では実現が難しかった「真の産業として誇りを持って取り組める」農業経営モデルの構築であり、環境に配慮した新たな生産・流通システムの構築です。

 HAL財団は、北海道農業の特性を生かした「クリーン農業」をベースとして消費者が求める「安全・安心・美味しい」に応えるため、「HAL認証農産物(※1)」認証制度の整備、及びその安全生産・流通システムの構築を進めています。

※1:HAL認証農産物とは
『HAL認証農産物』とは、「安全で安心な美味しい」農産物の生産を基本理念とし、消費者から厚い信頼と支持を継続的に得られるよう『HAL認証農産物』認証基準(※2)に基づいて栽培された北海道農産物に対して、一般財団法人北海道農業企業化研究所が認証するものです。

※2
:HAL認証農産物の認証基準
1. 農薬基準
減農薬栽培のための基準と実践目標。
2. 施肥基準
減化学合成窒素施肥のための基準と実践目標。
3. 環境保全基準
環境保全のための技術・作業基準と実践目標。
4. 消費者交流基準
生産者と消費者の食料、農業、農村に対する「思い」と「願い」を共有するための実践目標。

HAL財団が定めた特別栽培基準「HAL認証農産物」が、どのような生産・出荷基準に従って作られているか、流れをご紹介します。

<「HAL認証農産物」生産のための流れ>

画像をクリックすると、拡大された画像を見ることができます

本件お問い合わせ先
流通開発部 HAL流通研究センター
0123−35−3131
▲ページ上部へ
Copyright (C) 2005 Hokkaido Agricultural Laboratory for Business Development